上宮本町の住宅

大分県津久見市に計画した住宅。

 

敷地は多くの住宅が並ぶ静かな場所である。

 

目の前には4階建てのアパートが2棟並び、隙間からはみかん畑が顔を覗かせている。

おおらかで静かなこの場所に展望台のような装いで佇む建物を計画した。

 

この建物は1階をグリット状の壁で区切り、奥に行くほどに静けさを獲得できる部屋を設けた。

2階は腰壁と分厚い壁のような収納でプライバシーは守りつつも、建物をぐるりと巡る窓が特徴的である。

屋根の架構が室内から室外へと連続して見えることで解放的な建築でありながらも、

​奥があり落ち着きのある2つの性格を持った住宅となっている。

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010

designlabokuroko.com