国境なき大工さん

建築を作っているのはだれか。

 

根本としての要望があり、資本を投じる施主だろうか、

 

それとも様々な諸条件を読み解き、図面を描く設計者だろうか、

 

それとも図面を読み解き、物質を加工し、くみ上げる施工者だろうか。

 

このプロジェクトは、施主(住み手)と設計者(建築家)と施工者(大工さん)の関係性を再考し、

 

再構築したうえで、シミュレーションしたものである。

 

 

建築家は、マクロな視点から、その国の気候要因や、材料、人工などを考慮し、モデュールを設計する。

 

大工さんは、ミクロな視点から、日照条件、地形的条件、その他諸条件を勘案し、モデュールを変形させながら現地にくみ上げる。

 

住み手は、変形モデュールに住みながら、軒下に柱を立てて部屋を拡張したり、はしごをかけて2階に直接出入りできるようにしたり、

 

壁を取っ払って開放的なピロティ空間にしたり、各々の生活スタイルに合わせ、住み慣らしていく。

1
4
7
11
5
9
8
6
2
10

designlabokuroko.com