​有刻の住宅

黒い箱が並ぶ間をガラスの箱によってつなぐ単純な構成の住宅の構想。

箱の連なりから少し高い場所に屋根があることで箱をより完結した形として捉えることができる。
 

 

ここでは室内を見ると光と影の空間が交互にレイヤーを作っている。

昼間、黒い箱は太陽光から空間を守る暗がりとなり、ガラスの箱はそれと反対に光をたくさん取り込む明るい場所となる。

夜、それとは反対に照明をつけた黒い箱は光が灯り、ガラスの箱は隣の部屋の明かりが漏る暗い場所となる。

部屋を移動するたびに住人は光と影を交互に感じ、また、日中の太陽の移動に伴って刻一刻と光と闇の関係は移り変わる。

太陽や地球の動きと強く呼応する生活を目指した家である。

黒い箱は開口面積が少なく包まれた印象が強い。

 

一方で、ガラスの箱はボックスの外郭によって挟まれた印象が強くなり、建物の外へと意識を飛ばしてくれる。

​そうして内側へと包まれた空間と外側へと意識を向かわせる空間が交互に並び、

生活の中で住宅と都市とを横断するような感覚となる家を目指した。

20181116_200121_0001
20181116_200121_0005
20181116_200121_0004
20181116_200121_0003
20181116_200121_0002

designlabokuroko.com